/食品関連事業者から発生する未利用食品についてのフードバンクへの情報提供について(新型コロナウイルス感染症対策に伴う)

食品関連事業者から発生する未利用食品についてのフードバンクへの情報提供について(新型コロナウイルス感染症対策に伴う)

農林水産省は、新型コロナウイルス感染症対策に伴い、食品関連事業者から発生する未利用食品のフードバンクへの寄附を推進するため、これらの食品に関する情報を集約し、全国のフードバンクに一斉に発信する取組を行います。
〇対象となる食品:
・新型コロナウイルス感染症対策に伴って発生する未利用食品
・消費期限又は賞味期限を過ぎた場合や、汚損、破損等により食品衛生上の問題が生じた食品は対象外
〇対象となる食品関連事業者:
食品製造業者、食品卸売業者、食品小売業者、外食業者(ホテル、旅館等を含む)等
〇対象となるフードバンク:
令和元年度フードバンク実態調査等により、農林水産省がメールアドレスを把握している団体(約130団体)
〇本取組を通じた寄附の実績や、本取組の変更・終了等については、農林水産省のホームページにて随時配信。
〇問合せ:食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室
〇担当:野島、三浦、佐藤、河原崎
代表TEL. 03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン. 03-6744-2066
FAX. 03-6738-6552

市民活動・NPO・地域コミュニティ・ソーシャルビジネスによる「協働のまちづくり」のために、2005年に誕生した公設民営のサポートセンターです。多様な協働のカタチを活かし社会的な課題解決に取り組む「非営利公益活動」の拠点として、これからもどうぞご活用ください。