/MINKURU FRONT 05 -まちの公共施設・空間を民間でどのように運営していくか?-

MINKURU FRONT 05 -まちの公共施設・空間を民間でどのように運営していくか?-

協働CASE LAB ( 協働ケース ラボ )MINKURU FRONT とは?

外部アドバイザ ーをゲストに迎え、当センタースタッフと参加者で
「協働のカタチ最前線」を探っていく取り組み。
それが MINKURU FRONT ( みんくる フロント )です。

先進的・前衛的な「協働のまちづくり事例」や、今後の地域において好循環を生み出すキッカケとなるような「市民活動情報」について、理解を深めます。

スタッフをはじめ、当センター利用団体、暮らしに寄り添う活動家・活動団体、行政や企業、大学、NPOなどで、今後の市民活動やまちづくりをテー マに意見交換を行います。

みんくるが指定管理者が変わり再スタートして半年。五回目となった今回のMINKURU FRONTは今までのみんくるを振り返って、またこれからのみんくるを考える機会として新しい『公設民営のカタチ』を一緒に探っていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
〇みんくるゲスト
・山下 裕子 ( やました ゆうこ )
ひと・ネットワーククリエイター / 広場ニスト
全国まちなか広場研究会 理事
NPO法人GPネットワーク 理事

鹿児島生まれ。
富山に移住し、演劇やアート関連イベントの企画制作に携わる。
2007年 富山市まちなか賑わい広場グランドプラザ運営事務所勤務。
2010年 株式会社まちづくりとやま グランドプラザ担当。
2011年 NPO法人GPネットワーク 理事 就任。
2014年 広場ニストとして独立。
その後、八戸・豊田・久留米・明石・神戸をはじめとする全国のまちなか広場づくりに関わる。
著書に「にぎわいの場 富山グランドプラザ‐稼働率100%の公共空間のつくり方」(学芸出版社)。
https://www.facebook.com/yuko.yamashita.750

○トークセッションゲスト
・矢動丸 純子(やどうまる じゅんこ) 
久留米DMO代表
久留米観光コンベンション国際交流協会・マーケティング・マネジメント専門員

東京でイベント企画会社勤務・フリーライター等を経験した後、現代美術の団体を運営。国際展やアートイベントの企画制作に携わる。その後NYへ移住。現地アート団体でマネジメントを学ぶのと平行し、不動産会社で営業/投資コンサルタントとしてのキャリアを積む。

日本に帰国後すぐに東日本大震災に遭遇。27年ぶりに九州に戻り、筑後を中心に中小企業の事業立ち上げなどに従事。現在は、久留米市東部の観光推進業務に携わる。

ライフワークである男女共同参画と東日本大震災福島復興をテーマにプロジェクトを進行し、講演、新聞への執筆活動も行う。

〇みんくるコーディネーター
・おきな まさひと
久留米市市民活動サポートセンターみんくる コーディネーター
くるめ協働CASE pj 代表
まちびと会社 ビジョナリアル 共同代表

飲食事業や福祉事業、まちなか広場、コミュニティカフェ、シェアオフィス運営に関わり、中核市クラスの地方事業のコーディネート役として、各まちに携わる。みんくるメンバーでもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【会場】
久留米市市民活動サポートセンターみんくる フロント前
〒830-0031
福岡県久留米市六ツ門町3−11(くるめりあ六ツ門6階)

【申込方法】
みんくる受付まで直接申込に来ていただくか、お電話で申し込みをお願いします。当日はお席に限りがございます。事前に申し込みの上ご参加をお願い致します。

【参加費】
無料

【お問い合わせ先】
久留米市市民活動サポートセンター みんくる 
☎ 0942-30-9067
(担当:中江・おきなまさひと)
※電話申し込みの際は「みんくるフロント05の申し込みについて」とお伝えください。

久留米市市民活動サポートセンター みんくる