/CAMPFIRE 新型コロナウイルスサポートプログラム

CAMPFIRE 新型コロナウイルスサポートプログラム

東日本大震災の年である2011年に立ち上がり、以降災害などの有事が起きた際にはクラウドファンディングを通じてサポートを展開してきたCAMPFIREが、新型コロナウイルス感染症拡大による状況を踏まえ、アーティストやクリエイターの活動継続や事業者の事業継続などを目的とした「資金調達」や「販路開拓」などにクラウドファンディングを通じてサポートするプログラム。
〇概要:
・フォームからエントリー(7月31日(金)AM11:59:59まで)
・プロジェクトページ作成後の初回申請(8月31日(月)AM11:59:59まで)
・公開したAll inおよびAll or Nothing方式のプロジェクトに対し、支援金振込時に掛かる手数料のサービス。これにより、決済手数料5%のみでクラウドファンディング実施が可能。
〇クラウドファンディングサービス手数料:通常 12%→0%
〇申請期間:2020年7月31日(金)AM11:59:59まで
〇対象サービス:
CAMPFIRE
GoodMorning
3rdTable
CLOSS
※FAAVO、BOOSTER、machi-ya、CAMPFIREふるさと納税、EXODUS、CAMPFIRE Community、polca、CAMPFIRE Creation、海外事業者の一部プロジェクトは本プログラムは適用対象外。
〇団体:CAMPFIRE

市民活動・NPO・地域コミュニティ・ソーシャルビジネスによる「協働のまちづくり」のために、2005年に誕生した公設民営のサポートセンターです。多様な協働のカタチを活かし社会的な課題解決に取り組む「非営利公益活動」の拠点として、これからもどうぞご活用ください。