/認知症マフ オンラインワークショップ

認知症マフ オンラインワークショップ

認知症の人の中には、毛糸で編まれた筒状のニット製品(マフ)を腕に通して、それを触ることで安心感が得られるそうで、イギリスの病院や高齢者施設で取入れられています。このマフの製作・普及を目的としたワークショップをオンラインで開催します。
マフ作りを通じて認知症のことや当事者のこと、地域づくりについて考えていただけることを願っています。

〇 日時:2021年2月20日(土)14:00~16:00
〇 場所:テレビ会議システム Zoomウェビナー
〇 内容・手順:
①参加申し込み
②申込に入力したメールアドレスあてに、開催日前に参加URLを送信
③毛糸や編み針などの製作キットを送付
③当日、パソコンやスマホ、タブレットで参加
〇 参加費:1,500円(材料費含む)
〇 定員:200人
〇 申込締切:2021年2月17日(水)
〇 申込フォーム:
https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11003440
〇 主催:朝日新聞厚生文化事業団

市民活動・NPO・地域コミュニティ・ソーシャルビジネスによる「協働のまちづくり」のために、2005年に誕生した公設民営のサポートセンターです。多様な協働のカタチを活かし社会的な課題解決に取り組む「非営利公益活動」の拠点として、これからもどうぞご活用ください。