/2020年7月 助成金・補助金

2020年7月 助成金・補助金

各分野の助成金情報等を載せています。各助成金をクリックするとそれぞれの該当ページに移ります。該当する助成金等がない場合はこちらのCANPAN FIFLDSのサイトをご覧ください。
★応募の際には、必ず募集要項等、詳細をご確認ください。


大学・短期大学・工業高等専門学校に通う学生対象。

特に家庭から自立した学生等において、世帯収入の激減、アルバイト収入の激減・中止等、新型コロナウイルス感染症拡大により経済的な影響を受け、大学等を中退せざるを得ないような事態を回避するべく、将来の経済社会基盤を確保する観点から「学びの継続」のために必要な支援を創設。
〇 対象学生:
・ 家庭から自立してアルバイト収入により学費等を賄っている学生等で、新型コロナウイルス感染症拡大による影響で収入減少し、大学等での修学の継続が困難になっているもの
・ 国公私立大学(大学院含む)・短大・高専・専門学校
※留学生を含む
※日本語教育機関を含む
〇 要件:
家庭から自立してアルバイト等により学費を賄っていることや、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でその収入が大幅に減少していること等
〇 給付額:
住民税非課税世帯の学生20万円 それ以外の学生10万円
〇団体:文部科学省

にほん に りゅうがくちゅう の がいこくじんがくせい の みなさん へ

日本にいる がいこくじんりゅうがくせい の みなさん が つかえる しえん を まとめたの で、こまっている ことが あれば、しらべたり、それぞれの といあわせさき に れんらく してください。
〇 団体:文部科学省 もんぶかがくしょう

【新型コロナウイルス感染症対策に由来した助成金・制度 等】

「医療従事者支援」と「感染防止活動支援」の2つのプログラムで、コロナ禍で対応する非営利団体・医療法人支援。
(新型コロナウイルスの影響で、オンライン化を余儀なくされた、または、感染防止の対策のためにオンライン化が有効だとされる活動など)
〇 第5回 募集期間:2020年7月15日(水)
〇 1件あたりの助成限度額:100万円
※6月19日付で1,000万円を追加し、助成総額を2,000万円に変更
〇 提出方法:送付
〇 団体:Yahoo!基金

新型コロナウイルスの感染拡大により、今回特別に緊急救援ならびに人道支援活動に対して支援金を交付。
〇 1 件あたりの助成限度額:100万円
〇 期間:なし
〇 申請方法:HP より申請書類をダウンロード、申請書類は郵送もしくはメールで提出
〇 問合せ:grant@wesley.or.jp 担当者:生原(はいばら)
〇 団地:ウェスレー財団 支援金事業係

新型コロナウィルス感染症の影響に伴う倒産または人員整理によって寮の退去を余儀なくされた方へ、APAMANグループの対象物件約200室を無償提供
〇 対象地域:北海道、宮城県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、静岡県、大阪府、山口県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県
〇 提供期間:2020年12月末まで 団体: APAMAN 株式会社

日本における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む、個人・任意団体・特定非営利活動法人(NPO)・社会福祉法人・事業者・医療機関・自治体などに団体が定めた活動に関する費用を助成。
〇支援内容:
介護施設、障害者施設、保育所、学校、放課後学童保育等へのマスク等必要物資の支援費用
・医療機関への医療用防護具の支援費用
・またそれらを生産するための事業経費
・医療機関、介護等施設、保育所、学校、放課後学童保育等の新型コロナウイルス感染症対応に関わる人件費
・新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、社会的孤立が懸念される子・青 少年、保護者、高齢者、低所得者などを支援する活動費用
・新型コロナウイルス感染症の予防、診断、治療のための研究・開発費用
・その他、新型コロナウイルス感染症対応により発生する費用

〇助成申請受付期間:2020年7月2日(木)23時まで
〇助成決定時期:
第4期 決定時期:2020年7月16日(木)頃
〇1件あたりの助成限度額:200万円~5,000万円程度
〇団体:新型コロナウイルス感染症 拡大防止活動基金運営事務局

非営利団体向けに、Zoomの年間サブスクリプション料を通常価格の半額で利用できる『Zoomミーティング』のディスカウント・プログラムを提供。
〇内容:ビデオ会議ツール「Zoomミーティング」製品の割引プランの提供
〇申込期間:要問合せ
※すでに通常料金でご利用の団体は要相談
※テックスープに団体登録をする必要あり
〇団体:テックスープ・ジャパン事務局

東日本大震災の年である2011年に立ち上がり、以降災害などの有事が起きた際にはクラウドファンディングを通じてサポートを展開してきたCAMPFIREが、新型コロナウイルス感染症拡大による状況を踏まえ、アーティストやクリエイターの活動継続や事業者の事業継続などを目的とした「資金調達」や「販路開拓」などにクラウドファンディングを通じてサポートするプログラム。
〇概要:
・フォームからエントリー(7月31日(金)AM11:59:59まで)
・プロジェクトページ作成後の初回申請(8月31日(月)AM11:59:59まで)
・公開したAll inおよびAll or Nothing方式のプロジェクトに対し、支援金振込時に掛かる手数料のサービス。これにより、決済手数料5%のみでクラウドファンディング実施が可能。
〇クラウドファンディングサービス手数料:通常 12%→0%
〇申請期間:2020年7月31日(金)AM11:59:59まで
〇対象サービス:
CAMPFIRE / GoodMorning / 3rdTable / CLOSS
〇団体:CAMPFIRE
※FAAVO、BOOSTER、machi-ya、CAMPFIREふるさと納税、EXODUS、CAMPFIRE Community、polca、CAMPFIRE Creation、海外事業者の一部プロジェクトは本プログラムは適用対象外。

経済的な困難を抱えている方に対して、一人ひとりの課題の解決と生活の安定・自立を目指すために、様々な制度を紹介。
〇対象:久留米市内に暮らして、仕事、金銭、住居、家族関係(ひきこもり)のこと等生活の中で困りごとがある方(生活保護を受けている方は除く)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、必ず事前に電話で問合せ
〇内容:相談者が抱える課題によって、自立相談や住居確保、就労準備、子どもの学習など様々な支援制度を紹介。
〇相談場所:久留米市役所3階東側 310会議室
〇受付時間:8:30~17:15 月~金(祝日・年末年始を除く)
〇窓口
【西部エリア相談窓口】
TEL. 0942-30-9185 FAX. 0942-30-9186
Mail. kurucjiritsu@greencoop-fukuoka.or.jp

【東部エリア相談窓口】
TEL. 0942-30-9113 FAX. 0942-30-9327
〇問合せ:健康福祉部生活支援第1課・第2課
TEL. 0942-30-9023 FAX. 0942-30-9710
MAIL. 9113@elite-staff.com

全国の学校の臨時休業が進むこんな時こそ、その力を発揮するEdTech。実証事業で活躍するEdTech事業者、日本の様々なEdTech事業者が動き始めた素敵な取り組みをご紹介。
〇内容:個人・学校等を対象とした、様々な事業者による学習支援のまとめサイト
〇応募期間:サービスによる
〇団体:経済産業省 教育産業室

感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者(NPO法人含む)に対して、事業全般に広く使える給付金の申請が始まりました。
〇支給対象:
・新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している。
・医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人
〇給付額:200万円(法人)、100万円(個人事業者)
※昨年1年間の売上からの減少分を上限
〇問合せ:中小企業 金融・給付金相談窓口
TEL. 0570ー783183
〇団体:経済産業省

◇◇ 基盤強化・NPO支援 ・市民活動◇◇

冬募金の計画づくりを経験豊富なファンドレイザーがサポートし郵送用に特化した寄付チラシと封筒制作を助成。
〇 対象:
Aコース:はじめて冬募金(初めて冬募金の募集を郵送で呼びかける団体)
Bコース:もっと冬募金(前年度に冬募金DMを行った実績があり、その際の記録を持ち、今年度更に改善し実施する団体)
〇 内容
①ファンドレイジングサポート ②寄付チラシ ③窓付封筒
※打合せ:電話、ZOOM、GoogleMeetなどで対応
〇 募集期間:2020年7月17日 18:00まで
〇 1件あたりの助成限度額:A B ともに上限約38万円/1団体
〇 団体:株式会社ガハハ

商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者等が対象。NPO法人も利用可能。
〇 第3回受付締切:2020年10月2日(金)当日消印有効
〇 1件あたりの助成限度額:50万円
〇 提出方法:送付
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 事務局
〇 団体:日本商工会議所

企業からのリユースPCや周辺機器・ソフトフェアを非営利団体・ボランティア団体などの市民活動団体やNPOへと無償で寄贈し、その情報化を支援するプログラム。
〇 1件あたりの助成限度額:なし
〇 募集期間:随時
〇 団体:認定NPO法人イーパーツ

◇◇ 保健・医療・福祉 ◇◇

社会福祉サービスの質の向上に寄与することを目的とした表彰制度で、「論文賞」「実践研究賞」「実践レポート賞」の3つの分類で募集。
〇 募集テーマ:「自由(保育・介護・障害者福祉・ICT)」
〇 募集期間:2020年8月31日(月)
〇 1件あたりの助成限度額:10万円
〇 団体:一般社団法人日本社会福祉マネジメント学会(JASM)

障害者やその家族が安心して生活できる福祉社会の実現に寄与し、障害者福祉などの分野で顕著な活躍おこなう個人および団体に対して授与。
〇 第3回受付締切:2020年7月31日(金)必着
〇 表彰:賞状 + 副賞50万円
〇 提出方法:郵送、FAX、電子メール
〒525-0072滋賀県草津市笠山七丁目8-138 県立長寿社会福祉センター内
公益財団法人 糸賀一雄記念財団
〇 団体:公益財団法人 糸賀一雄記念財団

障がいや病気に悩む子どもたちとその家族の支援や調査研究をおこなう団体等を公募し、助成・顕彰で支援。
〇内容:
①助成:これから実施する活動
②顕彰:これまでの活躍・成果
〇 募集期間:2020年7月31日(金)必着
〇 ①1件あたりの助成限度額:500万円
②顕彰内容:1件あたり 記念品 + 副賞300万円
〇 団体:公益財団法人 小林製薬青い鳥財団

障害者やその家族が安心して生活できる福祉社会の実現に寄与することを目的に、福祉、教育、医療、労働、経済、文化、スポーツなどの分野における障害者・社会的障壁による「生きづらさ」がある人に関する先進的な取組をおこない、今後の一層の活躍が期待される個人および団体に授与。

〇 第3回受付締切:2020年7月31日(金)必着
〇 表彰:賞状 + 副賞10万円
〇 提出方法:郵送、FAX、電子メール
〒525-0072滋賀県草津市笠山七丁目8-138 県立長寿社会福祉センター内
公益財団法人 糸賀一雄記念財団
〇 団体:公益財団法人 糸賀一雄記念財団

設置数が圧倒的に不足しているAED(自動体外式除細動器)を、災害時に避難所となる地域の公共的な施設や福祉施設に寄贈。
※提出前に必ず電話にて連絡が必要。
〇 募集期間:随時
〇 団体:公益財団法人パブリックリソース財団

日本における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む、個人・任意団体・特定非営利活動法人(NPO)・社会福祉法人・事業者・医療機関・自治体などに団体が定めた活動に関する費用を助成。
〇支援内容:
1. 介護施設、障害者施設、保育所、学校、放課後学童保育等へのマスク等必要物資の支援費用
2. 医療機関へのマスクや手袋、ガウンなどの医療用防護具、水や毛布などの救援物資、人工呼吸器やベッドなどの医療器具の支援費用
3. 医療用防護具、医療器具などを生産するための事業経費
4. 保健所、医療機関、介護施設、障がい者施設、保育所、学校、放課後学童保育等の新型コロナウイルス感染症対応に関わる人件費
5. 新型コロナウイルス拡大感染症の影響を受け、社会的孤立が懸念される子ども、青少年、保護者、高齢者、低所得者などを支援する個人・団体等の活動費用
6. 新型コロナウイルス感染症の予防、診断、治療のための研究・開発費用
7. その他、各個人・団体・事業者・医療機関・自治体などが新型コロナウイルス感染症対応を実施する上で発生する費用
〇助成申請受付期間:2020年7月2日(木)
〇助成決定時期:
第4期 決定時期:2020年7月16日(木)頃
〇1件あたりの助成限度額:50万円~1,000万円程度
〇団体:新型コロナウイルス感染症 拡大防止活動基金運営事務局

誰もが安心して暮らせる地域を目ざして、毎月組合員が拠出している福祉活動組合員基金から、グリーンコープ生協ふくおかの福祉の取り組みや地域で福祉活動をされている団体を助成。

〇1件あたりの助成限度額:20万円
〇対象:グリーンコープ生協ふくおかエリア内(福岡県)で行われる福祉団体や個人が取り組む助けあい活動で、2020年度中に実施されるもの(詳細は説明会)
〇申込み・問合せ:グリーンコープ生協ふくおか
TEL. 092-482-7765 FAX. 092-482-7780

大規模な自然災害が起きたときに、少しでも障害者市民が受ける被害を小さくするため、各地で取り組まれる障害者市民防災・減災活動に助成。
〇応募期限:予定総額に達し次第締切
※助成申請をされる方は、事前に事務局へ確認
〇1件当たりの助成限度額:10万円
〇団体:特定非営利活動法人 ゆめ風基金

設置数が圧倒的に不足しているAED(自動体外式除細動器)を、災害時に避難所となる地域の公共的な施設や福祉施設に寄贈。
※提出前に必ず電話にて連絡が必要。
〇 募集期間:随時
〇 団体:公益財団法人パブリックリソース財団

主な対象事業は、備品等の購入、施設の設置、増改築及び各種修繕工事等
○ 内容:1件あたりの上限額総事業費の4分の3以内
○ 募集期間 : 申請窓口毎に異なるため、申請する施設の所在する各都道府県の馬主協会・共同募金会に要問合せ
○ 団体:中央競馬馬主社会福祉財団

◇◇ 芸術・文化・伝統・スポーツ・教育 ◇◇

認知機能低下予防と重度化防止をテーマにした音楽レクリエーションを募集、表彰。
〇 募集テーマ:「認知症」
〇 募集期間:2020年8月31日(月)当日消印有効
〇 受賞内容:最優秀賞:賞金30万円 + 賞状 等
〇 団体:一般社団法人日本音楽健康協会

指定文化財を中心とする人類共有の文化遺産を、将来の世代に継承していくために実施。
〇1件当たりの助成限度額:250万円
〇受付期間:
WEB申請は2020年5月15日~7月5日
〇団体:公益財団法人 朝日新聞文化財団

総合型地域スポーツクラブや地域で活動する団体で実施されている親子や幼少児を対象としたスポーツ事業(大会・教室等)に助成。
〇助成金交付について:(財団HPで詳細を確認してください)
・「ライフキッズスポーツクラブ」の名称で、 財団の活動理念に沿った内容で活動が出来ること。
・財団公認キッズスポーツインストラクターの資格を持った指導者が2名以上必要。等
〇事業内容:
①ライフ・チャレンジ・ザ・ウォーク②ライフ親子グラウンド・ゴルフ大会③ライフキッズスポーツクラブ④ライフこども囲碁クラブ
公益財団法人ライフスポーツ財団

就学前~小学3年生の子どもと保護者を対象として、遊びを通して様々な運動体験をする親子体操教室を開催する、財団の推進事業として全国で実施団体を募集。
〇募集について:(必ず財団HPで詳細を確認してください)
・財団公認インストラクターが年齢に合った動きで楽しい運動を指導。
・活動費100%を助成し地域の団体と共催で実施。オリジナルのスタッフユニフォームを着用し「ライフキッズスポーツクラブ」の名称で活動。
・クラブを実施する団体と財団で年1回、情報交換。等
〇団体:公益財団法人ライフスポーツ財団

◇◇ 子ども・青少年健全育成 ◇◇

妊娠期から子育て中の保護者同士の交流・活動をおこなう子育てグループ等の取り組みに補助。
○ 内容: 1件あたりの上限額 4万円
○ 募集期間 : 随時
○ 団体:久留米市子ども未来部子ども政策課

食事や地域とのつながりの場を提供する「子ども食堂」を実施する市民活動団体・地域コミュニティ組織に対して、運営費や施設整備費を助成。
〇内容:
①子ども食堂事業 ②朝ごはん子ども食堂事業 ③夏休み等子ども食堂事業
○ 1件あたりの上限額 :
①②とも30万円 ③8万円(実施回数による)
④施設整備費補助
子ども食堂1か所につき補助上限額 :20万円(1回限り)
○ 募集期間 : 2021年2月15日(月)まで
※夏休み等こども食堂は2020年7月17日(金)まで
※詳細は要問合せ
○ 団体:久留米市子ども未来部子ども政策課

◇◇ 環境保全・ 農山漁村・中山間地域 ◇◇

国内外の自然環境の保全を目指した調査・研究,および市民活動に対して助成。
〇 募集期間:2020年7月15日(水)
※今年度より締切時間を廃止、締切日以内であれば申請受付可能
〇 1件あたりの助成限度額:100万円
〇 提出方法:WEBのみ
〇 団体:公益財団法人自然保護助成基金

海と渚のクリーンアップ活動(全国一斉海浜清掃)に対するゴミ袋の支援 日本財団の協力のもと、「海と日本プロジェクト2020」の一環として、全国の海岸、海辺、港、川、湖の海浜清掃を支援。
〇内容:ゴミ袋の提供
〇支援の対象期間:2020年12月30日までの活動について
〇主催:公益財団法人 海と渚環境美化・油濁対策機構

ホタル保護育成活動を行っている団体に、昭和62年度から育成助成金を交付。
〇応募期限:随時
〇1件当たりの助成限度額:5万円
〇団体:北九州市建設局水環境課

◇◇ 地域安全・まちづくり・観光・災害救援・防犯 ◇◇

市民社会のコミュニティーを再生・進化・発展に寄与するコミュニティー事業、防災講座・職場体験セミナー等の開催に助成。
〇 募集期間:2020年7月31日(金)
〇 1件あたりの助成限度額:200万円
〇 提出方法:WEB申請
〇 団体:一般財団法人 YS市庭コミュニティー財団

大規模災害発生時に防犯活動を行う助成対象団体を募集、登録し、防犯活動に必要な資機材を助成。
〇 内容:1団体あたりの上限額:100万円
〇 団体登録申請募集時期:通年
〇 対象:大規模災害発生時の防犯活動を実施することが可能な、
団体登録を行った団体、または助成申請と同時に団体登録を行う団体
〇 団体: 公益財団法人日工組社会安全研究財団

安全・安心で快適な買い物環境づくりのための施設整備や、賑わい創出のためのイベント、空き店舗の活用など、県内商店街の活性化に向けたNPO法人等の取組みを支援。
〇例:活性化支援事業【ソフト事業】
NPO、大学等と連携したイベントの開催
空き店舗を利用した健康教室や生涯学習講座の開催
出張商店街、宅配サービス等の買い物支援 など
〇応募締切:随時(予算額に達した時点で受付終了)
〇内容:1件あたりの助成限度額:500万円
〇団体:福岡県 中小企業振興課

◇◇ 国際協力 ◇◇

国際理解・国際交流および国際協力を推進するための事業が対象。
〇 応募締切:通年
〇 団体:公益財団法人 笹川平和財団

◇◇ 人権・平和・男女共同参画 ◇◇

〇優先分野:①平和 ②環境/資源エネルギー ③人口/社会保障 ④国際協力
〇 1件当たりの助成限度額:50万円
〇 応募期間:随時
※申請する事業が助成の対象か等、申請前に必ず電話・メールで事業内容を相談のこと
〇 団体:一般財団法人 大竹財団

◇◇ 分野混合◇◇

株式会社ブリヂストンの従業員募金制度である “BSmile(ビースマイル)募金” を通じ、SDGsの達成などに向けた社会課題の解決に取り組む団体を支援。
〇 募集期間:2020年8月7日(金)当日消印有効
〇 1件あたりの助成限度額:100万円
〇 提出方法:送付
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
  公益社団法人日本フィランソロピー協会
 「ブリヂストン BSmile募金」事務局
〇 団体:株式会社ブリヂストン

貧富の格差、人間の疎外、互助精神の希薄化など様々な形であらわれる深刻な問題に、先駆的なプロジェクトを立ち上げ、社会活動を展開している団体・個人を顕彰。
〇 募集期間:2020年8月31日(月)
〇 1件あたりの助成限度額:100万円
〇 提出方法:送付
〒156-0057 東京都世田谷区上北沢 3-8-19
公益財団法人賀川事業団雲柱社 賀川豊彦賞事務局
〇 団体:公益財団法人 賀川事業団 雲柱社

日本発のコンテンツ等の海外展開を促進し、海外展開の拡大および訪日外国人等の促進につなげるとともに、コンテンツ産業が持続的に発展するエコシステムを構築することを目的とした補助金(通称:J-LOD)。
内容:
①コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズ及びプロモーションを行う事業の支援
②海外向けコンテンツ制作に資する資金調達・人材育成を行う事業の支援
③先進性の高いコンテンツの開発/制作・発信を行う事業の支援
④コンテンツのサプライチェーンの生産性向上に資するシステム開発を行う事業の支援
⑤デジタル配信を念頭においたストーリー性のある映像の制作・発信を行う事業の支援
〇 対象:企業及び団体
〇 補助額:カテゴリーによる
〇 期間:カテゴリーによる
※ 応募するうえで必要となる条件、要件、対象費用、手続きのルールなどを記載した、「補助金公募要項」をよく読み、制度とルールをよく理解してください。
〇 団体:NPO法人 映像産業振興機構

小規模で草の根活動を行う、社会に必要な変化を生み出す活動団体に助成。
〇 助成対象団体:自然環境の保護活動、動物の権利擁護活動、人権擁護・人道支援・復興支援活動
〇 助成金額:200万円
〇 応募締切:2月末日、4月末、6月末日、8月末日、10月末、12月末日
〇 株式会社ラッシュジャパン

福祉、医療、教育、芸術など様々な分野で社会的弱者及び障がい児(者)を対象に活動している団体に対し活動を支援。
※特に子どもを対象とする直接的支援プロジェクト
〇内容:事業を行うために必要な設備資金および運転資金
〇1件当たりの助成限度額:なし
〇申請期間:随時
〇団体:一般財団法人日本メイスン財団

◇◇ その他 ◇◇

Google for Education 遠隔学習支援 プログラム
休校対応中の学校を対象に遠隔学習支援プログラムを実施。
〇 内容:Chromebook を無償貸出、G Suite for Education 新規登録支援、遠隔学習のオンラインコンテンツを提供
〇問合せ:Google for Education
TEL. 03-6384-9575 MAIL. gfe-jp-isr@google.com
(月曜日~金曜日の9:00~18:00 祝際日・年末年始除く)

新型コロナ感染症による学校休業対策 『#学びを止めない未来の教室』
全国の学校の臨時休業が進むこんな時こそ、その力を発揮するEdTech。実証事業で活躍するEdTech事業者、日本の様々なEdTech事業者が動き始めた素敵な取り組みをご紹介。
〇内容:個人・学校等を対象とした、様々な事業者による学習支援のまとめサイト
〇応募期間:サービスによる
〇団体:経済産業省 教育産業室


市民活動・NPO・地域コミュニティ・ソーシャルビジネスによる「協働のまちづくり」のために、2005年に誕生した公設民営のサポートセンターです。多様な協働のカタチを活かし社会的な課題解決に取り組む「非営利公益活動」の拠点として、これからもどうぞご活用ください。