/協働ケースラボ 『まちなかの活動を編むチカラ。』

協働ケースラボ 『まちなかの活動を編むチカラ。』

外部アドバイザ ーをゲストに迎え、当センタースタッフと参加者で「協働のカタチ最前線」を探っていく取り組み。
それが MINKURU FRONT ( みんくる フロント )です。

先進的・前衛的な「協働のまちづくり事例」や、今後の地域において好循環を生み出すキッカケとなるような「市民活動情報」について、理解を深めます。

スタッフをはじめ、当センター利用団体、暮らしに寄り添う活動家・活動団体、行政や企業、大学、NPOなどで、今後の市民活動やまちづくりをテー マに意見交換を行います。

日頃の活動から湧きおこる「こんな〇〇があったらいいな」という想い。

「本来あるべき協働の姿」の方向性やそのカタチ。

各機関、各セクターが相互に編み込まれていく「協働のまちづくり」の在り様。

市民活動に関わるみんなで
「まちなかの活動を編むチカラ」を身に付けていきましょう!

【申し込み】  ☎ 0942-30-9067  久留米市市民活動サポートセンター みんくる 

【日時】2019年5月28日(火)13:00~15:00
【会場】みんくる
【ゲスト】山下 裕子 氏(全国まちなか広場研究会 理事)
【参加費】無料
【定員】20名(先着順)
TEL.0942-30-9067 FAX.0942-30-9068
mail.info@kurume-kyodo.jp


実施風景

久留米市市民活動サポートセンター みんくる